1億ユーロがここにあります!リバプールは、Nunesが正式に参加して27番を着用していることを発表しました


現地時間の6月14日、プレミアリーグリバプールクラブは公式ウェブサイトで、ウルグアイのストライカーであるダルウィンヌニェスと正式に契約したことを発表しました。 27番のシャツを選んだNunesは、署名後にリバプールでたくさんのトロフィーを獲得したいという彼の願望を表明しました。

リバプールの公式ウェブサイトの声明によると、「リバプールはベンフィカからのヌネスの移籍を完了したが、就労許可と国際ビザの成功を待つ必要がある。ウルグアイのストライカーは彼の個人契約の条件を確定し、健康診断を受けた。 、リバプールとの長期契約に署名しました。」ベンフィカは以前、ヌネスの固定移籍金が7500万ユーロであり、さらに変動ボーナスの合計額が最大1億ユーロに達する可能性があることを明らかにしました。

22歳のヌネスはペニャロールでデビューし、2019年にアルメリアに加入し、2020年にベンフィカに移籍しました。過去2シーズンでベンフィカに85試合出場し、48ゴールを記録しました。 さらに、ヌネスは2019年10月にウルグアイ代表デビューを果たし、これまでに代表チームで11回プレーしています。 ヌネスは、スアレスとコーツに続いて、リバプールの歴史の中で3番目のウルグアイの選手です。

署名後、ヌネスは次のように述べています。「リバプールに参加できて本当にうれしいです。素晴らしいクラブです。私のキャリアのすべての段階で私に素晴らしい影響を与えてくれた妻、両親、息子に感謝したいと思います。重要なのは、私です。彼らを誇りに思っています。ここリバプールにいること、そしてこの素晴らしいクラブの一員であることを嬉しく思います。」

ヌネスは続けた。「私は過去にリバプールと対戦しました。リバプールでチャンピオンズリーグの試合をたくさん見ました。ここには素晴らしい選手がいます。ここでのプレーのスタイルは私にぴったりだと思います。私が言ったように、たくさん見てきました。リバプールの試合は素晴らしいクラブです。チームを助けるために最善を尽くせることを願っています。」

最後に、ヌネスは次のように述べています。「クラブのトレーニンググラウンドに来て、施設とすべてのトロフィーを見たとき、私は本当に驚きました。それから、自分がさらにトロフィーを獲得したことを想像できます。展示されているトロフィーは、「ほら、私はその優勝チームの一員で、そこにいて、トロフィーを獲得しました。」それが、私がリバプールに来てトロフィーとタイトルを獲得した理由の1つです。たくさんの優勝をしたいです。リバプールのトロフィー。」

日本代表の ユニフォームをお探しなら、【SAKKALS サッカーユニフォーム通販】にお任せ、ナンバリング印刷無料、激安 販売中! → https://sakkals.com/product-category/representative_club/representation_from_japan


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。